smtwtfs
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
profile
new entries
archives
recent comment
recent trackback
links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.
<< 喚(よ)びさます | main | 真理との出遇い >>

自分の葬式をする

 「仏法を聞くことは、生きているうちに自分の葬式をすることです」ということを聞きました。これは世間でいう生前葬ではありません。仏法を聞き、信心をいただくということは、阿弥陀さまの心をいただくということです。阿弥陀さまの心をいただくということは、無量寿のいのち、永遠のいのち、死なないいのちをいただくことです。それは信心がおこった時に、娑婆のいのちが死んでしまったということです。後生の一大事の解決であり、死ぬことが不安でなくなります。そのことを「生きているうちに自分の葬式をする」と言われているのです。浅原才市さんは「わたしゃ臨終すんで葬式すんで、みやこ(浄土)に心住ませてもろうてナンマンダブツと浮世におるよ」と述べられています。生きているときに仏法を聞き、信心をいただき、自分の葬式をした人は、娑婆の縁尽きた時、死なないのです。生まれるのです。往き生まれるのです。往生して仏にならせていただくのです。これほど大きなご利益はありません。「必ずあなたを救い仏にする」という阿弥陀さまの声を素直に聞いていきましょう。

at 16:51, 不死川 浄, -

comments(0), -, pookmark

comment