smtwtfs
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
profile
new entries
archives
recent comment
recent trackback
links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.
<< 光と影 | main | 地球からの警鐘 >>

一寸先は闇

 人生何が起こるかわかりません。一寸先は闇です。甲子園の土を踏むことを夢見ていた高校球児、中止になり、さぞ無念であったことでしょう。また楽しみにしていた結婚式、旅行、イベントが中止や延期になり残念であったことでしょう。新型コロナウイルスだけでなく、いつどこで何が起こるかわかりません。地震、火事、事故、倒産、病気に、いつ出会うかわかりません。仏教とは、災難が来ないようにと祈る教えではありません。一生懸命祈ったからと言ってどうにかなるものではありません。誰しも災難に会いたくありません。しかしいつ会うかわかりません。人として生まれたからには生老病死から逃れることはできません。仏教は災難に会っても、それを受け止めて、乗り越えていく力を得ることを教えています。良寛さんのように「災難に逢う時節には災難に逢うがよく候、死ぬ時節には死ぬがよく候、これはこれ災難をのがるる妙法にて候」と達観できたらいいんですが、凡夫の私たちにはとても難しいです。その私たちに阿弥陀如来という仏さまは大きな悲しみの心から名の仏となり、名の中にすべての功徳をこめ、私たちの口から出てくださり、「いつも一緒です。どんな時もあなたを支えます」とよび続けてくださっています。絶望のどん底に大地ありです。

at 17:02, 不死川 浄, -

comments(0), -, pookmark

comment