smtwtfs
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
profile
new entries
archives
recent comment
recent trackback
links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.
<< 赤色赤光 | main | 山川異域 風月同心 >>

ライオンのおやつ

 先日車を運転しているとき、ラジオのスイッチを入れると本の紹介の番組をしておりました。その中で、小川糸著『ライオンのおやつ』という本がお薦めですという話を聞き、読んでみたいと思い、帰ってすぐにアマゾンに注文しました。翌日に届きすぐに読ませていただきました。33歳の海野雫という女性が末期がんを宣告され、残りの人生を穏やかな瀬戸内のレモン島と呼ばれている島の「ライオンの家」というホスピスで過ごし、そこでいろいろな人との出会いや体験を通して安らかに命を終えていく話でした。この世に生まれたからには、必ず死を迎えます。死をどのように迎えるかということを考えるに、とてもすぐれた作品でした。「ライオンの家」という名の由来は、百獣の王であるライオンは、敵に襲われる心配がなく安心して過ごしているように、何も怖れることなく安心して最期を迎えてほしいという願いから命名されたそうです。どう死を迎えるかは、今をどう生きるかです。安心して生きることにより、安心して死ぬことができる。生まれたということはローソクの火が付いたこと、火が消えることが死です。この火は風が吹けばいつ消えるかわからない。しかしローソクは命をすり減らしながら、他の誰かの光になっている、生きることは誰かの光になること。光になった人は死んでも光となって多くの人を照らすのです。この小説の登場人物がみな個性的で魅力的です。特に管理者であるマドンナ、いつも冷静で入居者を献身的にお世話をし的確なアドバイスを与えていました。私は作者の小川糸さんに実際に瀬戸内のレモンの島で「ライオンの家」を作ってもらい、そこでマドンナをやってもらいたいと思いました。きっと多くの人が殺到することでしょう。この本を読み終えて、またゆっくりと味あって読んでみたいと思いました。お薦めです。ぜひ読んでください。

at 18:02, 不死川 浄, -

comments(0), -, pookmark

comment