smtwtfs
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
profile
new entries
archives
recent comment
recent trackback
links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.
<< 人間の原罪 | main | 赤色赤光 >>

人間とは

 人間とは、「まず自分があって」という自分中心の見方・考え方をしています。それ故にいのちの事実を見失っているのです。ご縁によっていま私が生かされているのに、ご縁の前にまず私があって、私がご縁によって生かされていると思っています。だから良い縁が欲しくて、悪いご縁は欲しくないのです。良いことも悪いこともご縁であり、いただきものであり、受け止めなければいけないのに、自分の都合の良いことだけを喜び、都合の悪いことは喜べないのです。本当に身勝手なものです。自分にとって好ましい、意味のあるものだけを認め、自分にとって意味のない、嫌なものは切り捨てていないでしょうか。いまそういう事件がとても多いです。私たちの命も、長い長い過去の命の歴史を受け継いでいま生かされています。また多くの命をいただき、多くの命に支えられ生かされています。しかしそのいのちの事実を見失い、「まず私があって」という立場に立ち、より快適に、合理的に生き、人と比べ、勝った負けた、損か得か、上か下かという生き方をしています。いのちはつながりの中でしかないのです。縁によって私があるのであり、私が縁によってあるのではないのです。自分にとって不都合なことの中に学ぶことも多いです。いまこんなにも多くのいのちのつながりの中で自分の人生が支えらえているんだということに気づいていくことが大切なことではないでしょうか。

at 18:39, 不死川 浄, -

comments(0), -, pookmark

comment