smtwtfs
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
profile
new entries
archives
recent comment
recent trackback
links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.
<< すべての人の救い | main | 光寿無量 >>

おそだて

 今年も残りあとわずかになりました。今年も良い縁、悪い縁,さまざまなご縁に遇い,お育てをいただきました。まず4月の初めに、近くに住んでいた兄が最近姿を見せないので訪ねていくと、お風呂の中で亡くなっていました。本人は悪い所はないと言っていましたし、少しも死んだと思っていないでしょう。人生本当に何が起こるかわかりません。8月の盆過ぎにキューバに行ってきました。なんといってもカリブ海の海の青さは感動でした。キューバは貧しい国ですが、いまだにカストロ、ゲバラの革命の精神である「平等で人道的な社会の実現」を受け継いでいました。「隣人のために尽くす誇りは、高い所得を得るよりもはるかに大切だ」というゲバラの言葉を受け継いでいるある医師は「自分の生活を優先すると、人は過ちを犯す。もっと見返りがあるはずだと考えてしまうのです」と語った言葉がとても心に残っています。私たちは、いまの日本人は、まず自分の生活を優先し、まず私があってという自分中心の生き方をして、不都合なもの、嫌なもの、損なことを避け、目障りなものをを排除しています。まず私があってという考え方が身に沁みついていて、いのちはつながりの中で生かされていることを見失っています。日本人もゲバラの精神を学んでほしいと思いました。今年もいろいろなご縁に遇い、多くのことを教わり、お育てをいただきました。人生に余った生(余生)はありません。人生は死ぬまで育ちざかりです。来年もいろんなことがあるでしょう。良いことも、悪いことも。どれも私に与えられたいただきものです。しっかり受け止めていきましょう。

at 17:48, 不死川 浄, -

comments(0), -, pookmark

comment