smtwtfs
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
profile
new entries
archives
recent comment
recent trackback
links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.
<< ご利益とは | main | 命はどこに行くのか >>

念仏が出る

 念仏が私の口から出る。すごいことです。私の口から仏さまが出てくださるのです。なかなか出るものではありません。念仏がどこまでも我中心に生き、恥ずかしいことも言う私の口から現れてくださるのです。不思議です。嬉しいです。安心です。心が落ち着きます。私の口から出てくださるまでには、長い長いお育てがありました。私にお念仏を伝え、勧めててくださった方々、眼に見えない無量の寿(いのち)のはたらきのおかげです。自分勝手な念仏なら、いつでも言おうとすれば言えます。でもそこには何の安心も喜びもありません。しかし弥陀の回向の念仏は、阿弥陀如来自身が人間の本質を見抜いて、人間を救うには念仏になるしかないと気づかれ、念仏の中に如来の功徳をすべてこめて、私たちの口から出ようとはたらいてくださっているのです。でもなかなか出ません。疑いの心、自力の心、自我の壁が厚く、我の壁が破れなければ念仏は出ません。阿弥陀如来はけっして見捨てられません。いつでも・どこでも・どんな時でも我の壁を突き破り、私の口から出ようとされています。機が熟し念仏が出たということは、仏さまが我の壁をつき破り私の口から出てくださったということです。これからの人生、喜びも悲しみも阿弥陀さまとずっと一緒に生きるのです。それが念仏者の生き方です。

at 01:02, 不死川 浄, -

comments(0), trackbacks(0), pookmark

comment









trackback
url:http://myokyoji.jugem.jp/trackback/935