smtwtfs
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
profile
new entries
archives
recent comment
recent trackback
links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.
<< 自分に執着しない | main | 口で称えて耳で聞く >>

いのちの故郷へ

 最近姿を見せないから気になっていて、兄のアパートへ行ってみるとお風呂の中で亡くなっていた。72年の生涯でした。永遠のいのちの世界、両親の待ついのちの故郷へ帰って行きました。たぶんヒートシヨックでしょう。お風呂で亡くなる人は本当に多いです。年間19000人で交通事故死よりずっと多いそうです。念仏者は、いつ、どこで、どんな死に方をするか問題ないのですが、本人が一番無念であったでしょう。もう少しでインドへ行けるかもしれないという期待があったから。もう一度インドへ行かせてあげたかったです。インドへ行くために健康にも気を付けていたのに残念です。思えば大きな夢を追い続けた人生でした。砕かれても砕かれても少年のように夢を追い続け、私に夢を語っていました。「夢を持つんだね、夢で終わってもいいじゃないか、人生はそれだけ豊かになる」という言葉があるように、夢で終わった人生ですが豊かな人生だったと思います。「花びらは散っても花は散らない。形は滅びても人は死なぬ」金子大栄師の言葉ですが、いまこの言葉が無性に心に響きます。生きている時は世話ばかりかける兄でしたが、一生私の心に生き続けていることでしょう。「ご往生おめでとうございます」と送ってあげました。

at 20:19, 不死川 浄, -

comments(0), trackbacks(0), pookmark

comment









trackback
url:http://myokyoji.jugem.jp/trackback/918