smtwtfs
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
profile
new entries
archives
recent comment
recent trackback
links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.
<< 思い通りにならない時こそ | main | ただ念仏のみぞまこと >>

何を聞くのか

「仏法は聴聞にきわまる」と言われるように、仏さまの教えを聞くことが大切なのですが、何を聞くのかというと、1.阿弥陀如来がなぜ南無阿弥陀仏の念仏になられたのか、それはどこまでも「この私を救うためであった」ということを聞くのです。1、いま私が称えている念仏は、阿弥陀如来の「必ず救う、我にまかせ」の願いが念仏となり私の口から出てくださっていることを聞くのです。1、私の命は私のものでなかった、無量寿に生かされている命であることを聞くのです。1、「私は死ぬのではない」、命終わると仏さまの国に「生まれていくのである」ということを聞くのです。この言葉を素直に受け取ることが出来るまで、繰り返し繰り返し聴聞を重ねて欲しいです。この言葉が心に届き身に染みてくると、安心して生き、安心して命終えていけます。

at 15:32, 不死川 浄, -

comments(0), trackbacks(0), pookmark

comment









trackback
url:http://myokyoji.jugem.jp/trackback/912