smtwtfs
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
profile
new entries
archives
recent comment
recent trackback
links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.
<< 物みな自得す | main | 真実に生きる >>

鬼も内

 誰しも良いご縁は欲しくて、悪いご縁は欲しくないものです。今日は節分で、多くの人が「福は内、鬼は外」と悪いご縁が来ないようにと豆をまいています。しかしどんなに仏や神に祈願しても、生きておれば必ず不幸や災難に遇います。「人生は苦なり」です。かならず老・病・死に遇いますし、一寸先は何が起こるかわかりません。仏教は、災難が来ないいように祈ることではなく、災難がきても引き受けていく力を得ることを教えています。私たちの命もご縁によるいただきものです。良いご縁も悪いご縁もいただきものです。いただくことが出来れば苦を乗り越えていくことができます。そして仏教は人間の本性そのものを問題にしています。「みな人の心の底の奥ノ院、開帳すれば本尊は鬼」と言われるように、私たちは腹が立った時、思い通りに行かなかった時、頭から角を出していないでしょうか。仏教を聞けば、角が見えるようになるのです。もともと鬼は内にいるのです。怒りや愚痴の心です。信心とは、そこに仏さまが同居してくださることです。「わが胸に鬼と仏が同居して、角を出したり手を合わせたり」という生活を歩ませていただくのです。

at 01:27, 不死川 浄, -

comments(0), trackbacks(0), pookmark

comment









trackback
url:http://myokyoji.jugem.jp/trackback/907