smtwtfs
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
profile
new entries
archives
recent comment
recent trackback
links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.
<< あなたの宝物は | main | 海に帰る >>

ご縁をいただく

 私たちはすべてご縁によって成り立ち、それぞれご縁の中で生きるしかないのに、そのご縁をいただくことができなくて迷っているのです。私たちの命も縁次第でどうなるかわかりません。いつ、どこで、どんな死に方をするかわかりません。私たちの心も縁一つで喜んだり、悲しんだり、苦しんだりしています。その喜びも、私という存在がいて喜ぶのではないのです。喜ぶご縁に出会ったから喜ぶのです。腹を立てるのも私が腹を立てるのではなく、腹を立てるご縁に出会ったから腹が立ったのです。自分では腹を立てようと思っても腹は立てられません。悲しみも苦しみも同じです。ご縁により喜んだり、悲しんだり、苦しんでいるのです。そのご縁をいただいて生きるしかないのに、そのご縁をいただけないから、良い縁が欲しくて、悪い縁は欲しくないと願うのです。これが現世利益信仰の原点です。人間は本当に身勝手なもので、いのちの事実を知らないから良い縁が欲しくて、悪い縁は欲しくないと仏や神に祈願しているのです。しかし人それぞれ今まで良い縁や悪い縁をいただいて今の自分がいるんです。もちろん悪いご縁には出遇いたくないが、いただいたご縁を受けとめていくしかないのです。苦しいご縁に会えば苦しんでいいのです。そのご縁をいただくことにより、学び、気づき、成長していくのです。仏法に出遇えば、「無量寿」すなわち如来さまからいただいたいのちです。この苦しみも如来さまからいただいたものです。如来さまがいま私の身体の中で苦しんでくださっていると気づくんです。それに気づくからモッタイナイといって苦しいご縁をいただけるのです。ある念仏者の言葉です。「長く生かさせてもらったから、ボケまでいただきました」「こんな苦しい思いをするのも、仏さまから命をいただいたおかげです。ナンマンダブ、ナンマンダブ」「足が痛くなるまで命をもらっておきながらすぐに愚痴が出る、恥ずかしいことです、モッタイナイことです」 それぞれご縁をいただいて生きていきましょう。

at 18:27, 不死川 浄, -

comments(0), trackbacks(0), pookmark

comment









trackback
url:http://myokyoji.jugem.jp/trackback/903