smtwtfs
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
profile
new entries
archives
recent comment
recent trackback
links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.
<< もし浄土がなかったら | main | あなたまかせの年の暮 >>

みんないただきもの

 鈴木章子さんの『癌告知のあとで』という本の中で、「死にむかって 進んでいるのではない 今をもらって生きているのだ 今ゼロであって当然の私が 今生きている」とありました。私たちは死に向かって生きているのではありません。生と死は表裏一体で、生きつつあるということは死につつあるということです。いつ死んでもおかしくない私たちは、多くのご縁をいただいて、今をもらって生きているのです。生きていればいろいろなご縁に会います。良い縁、悪い縁、苦しい縁、悲しい縁、辛い縁、楽しい縁、腹が立つ縁さまざまです。みんないただきものなのです。心の動きも、行動も、生きるも死ぬも、縁次第でどうなるかわかりません。「さるべき業縁が催せば如何なる振る舞いもすべし」です。地震や不慮の事故でいつ死ぬかわかりません。それぞれご縁の中で生きるしかないのです。そのご縁をいただきものと受け止めるのです。引き受けるのです。今日は腹が立つご縁をいただいた、悲しいご縁をいただいた、苦しいご縁をいただいたと受け止めるとめるのです。仏さまから命をいただき、今生きているからそのご縁に会ったのです。受け止めると悲しみのご縁が喜びのご縁となります。逆縁を活かすことができるのです。                                                     

at 20:54, 不死川 浄, -

comments(2), trackbacks(0), pookmark

comment
R, 2018/12/13 9:42 PM

最近やっとご縁の意味が、かろうじてわかってきたところです。逆縁をどう受け止めて、また喜べるのか…私の人生の課題です。

不死川浄, 2018/12/15 11:59 PM

生きていればいろいろなご縁に会います。悲しいご縁や苦しいご縁も。いのちをいただいているからです。今日はこういうご縁をいただいたと受け止めると、そのご縁が生きてきます。










trackback
url:http://myokyoji.jugem.jp/trackback/896