smtwtfs
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
profile
new entries
archives
recent comment
recent trackback
links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.
<< 私が称える前から | main | 煩悩とともに >>

よび覚ます

 「念仏を称えるとは、阿弥陀如来が口から出てくださることです」 念仏とは阿弥陀如来のよび声です。凡夫の私たちを救うには、阿弥陀さま自身が声の仏となり、私たちの口から出て救うしかないと見抜かれたのです。凡夫の救いは無条件の救い、そのままの救いでなければ救われないのです。少しでも条件が付けば救われないことを見抜かれて、「南無阿弥陀仏」と声の仏になられたのです。私たちに「南無阿弥陀仏」と自らの名前を呼ばせて、私たちの心をよび覚ませ、安心を与えてくださるのです。凡夫の救いは「ただ念仏」しかないのです。私自身、不安なとき、慢心が起こったとき、我を張ったとき、人を比べ傷つけようとするとき、阿弥陀さまが私の口から出て、いつもよび覚ましてくださっています。「称名」すなわち阿弥陀さまの名を称えることは、いつもよび覚ましてくださる阿弥陀さまのよび声を聞くことです。

at 16:14, 不死川 浄, -

comments(0), trackbacks(0), pookmark

comment









trackback
url:http://myokyoji.jugem.jp/trackback/887