smtwtfs
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
profile
new entries
archives
recent comment
recent trackback
links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.
<< マカセヨ・ハイ | main | よび覚ます >>

私が称える前から

 苦しい時、困った時、辛い時、「助けてください」と念仏を称える人がいますが、阿弥陀さまは、苦しんでいる人をほっとけないから、「助けてください」と称えるより先に、その人の口から「助かってくれよ」「必ず助ける、まかせよ」とお出ましになっているのです。阿弥陀さまの方が先によび続けていられるのです。「私が申す念仏やけど 私でないがや 阿弥陀さまのおよび声や」(藤本はつ)「念仏とは私が仏をよぶ声ではなく 仏が私をよびたもう声」です。苦しい時私が仏に願うより前に、仏さまに願われているのです。私が称えていると思っていた念仏は、阿弥陀さまからのよび声なのです。「決して見捨てない」と阿弥陀さまが念仏となり私たちの口を通してよび続けていられるのです。苦しいければ苦しい時ほど、辛ければ辛い時ほど、阿弥陀さまはお出ましになってくださるのです。それが阿弥陀さまという仏さまなのです。念仏に生きるとは、自分の口から出る阿弥陀さまのよび声を聞いて生きていくのです。

at 01:33, 不死川 浄, -

comments(0), trackbacks(0), pookmark

comment









trackback
url:http://myokyoji.jugem.jp/trackback/886