smtwtfs
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
profile
new entries
archives
recent comment
recent trackback
links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.
<< 思い通りにならない | main | 見えない世界 >>

命より大切なもの

 星野富弘さんの詩に「命が一番大切だと思っていた頃 生きるのが苦しかった 命より大切なものがあると知った日 生きているのが嬉しかった」とあります。「お金と命どちらが大切か」と聞くと、ほとんどの人は命が大切というでしょう。その命より大切なものとは何でしょう? 世間(娑婆)の価値観では健康が一番であり、役に立つのが良いし、上下、損得、優劣、善悪という物差しで見ています。星野さんは寝たきり状態です。世間の価値観で見ると、生きるのが苦しいのは当然です。星野さんは世間(娑婆)の価値観、我を超えた世界があることに気づかれたのです。見える命は見えない寿(いのち)に生かされています。どんな大きな樹も見えない根に支えられているように。我を超えた、無量の寿の世界は、上下、損得、優劣、善悪という物差しはありません。健康が一番ではありません。比べなくていい世界です。その人がその人のままいのち輝く世界です。小さきは小さきままに、病人は病人のままに。我を超えた、命より大切なものがあることを知れば、生きているのが嬉しくなるのです。

at 17:08, 不死川 浄, -

comments(0), trackbacks(0), pookmark

comment









trackback
url:http://myokyoji.jugem.jp/trackback/872