smtwtfs
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
sponsored links
profile
new entries
archives
recent comment
recent trackback
links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.
<< 無量寿の世界へ帰る | main | 我を超えた世界 >>

聖書の言葉

 『聖書』の初めに「はじめに言葉ありき、言葉は神とともにありき、言葉は神なりき」とあります。先日ご往生された大峯顕先生は、「この聖書の言葉は、宇宙の深い真理を述べたもので、南無阿弥陀仏の名号と同じ真理を言っています」と話されていました。

 「はじめに念仏ありき、念仏は阿弥陀仏とともにありき、念仏は阿弥陀仏なりき」です。南無阿弥陀仏は真理の言葉です。人間の言葉ではなく仏の言葉です。南無阿弥陀仏という言葉は阿弥陀仏そのものです。なぜ阿弥陀仏が南無阿弥陀仏という言葉の仏になられたのかを聞いていくのです。それは阿弥陀仏が自力では救われない人間の正体を見抜かれて、自分が南無阿弥陀仏という言葉となって、衆生の口に自分を現わす以外にないということに気づかれたからです。南無阿弥陀仏という言葉になれば、どんなに救われ難い凡夫でも口に称えれば救うことが出来ると気づかれたのです。どんな状況の時でも阿弥陀仏と一緒で、つねに私を支え、導き、ともに真実への道を歩んでくださっているのです。この私のために阿弥陀仏は南無阿弥陀仏になられたのです。

at 17:06, 不死川 浄, -

comments(0), trackbacks(0), pookmark

スポンサーサイト

at 17:06, スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

comment









trackback
url:http://myokyoji.jugem.jp/trackback/837