smtwtfs
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
profile
new entries
archives
recent comment
recent trackback
links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.
<< 阿弥陀仏を選ぶ | main | 逆縁を生かす >>

光といのちの仏

 光といのちの仏である阿弥陀如来は、私たちにいつも《あなたの光となりいのちとなる》とはたらき、念仏となりよび続けてくださっています。阿弥陀とは無量光・無量寿という意味であり、限りなき光と寿(いのち)の仏で、私の光といのちになってくださっているのです。 真っ暗闇に光が射し込むと感動します。生きる希望が湧きます。迷い苦しんでいる私たちをいつも照らし生きる道を示してくださっているのです。「愚痴の闇路で暮らせしものを、ふだん照らしの身となりて」いくのです。「ともしびを高くかかげてわが前を行く人あり」です。どれほど暗い迷いの闇路であっても、灯火を掲げ持つ人の後を歩む者には不安はありません。光の中に照らされていることに気づくと、阿弥陀如来は私の中にあって「私の光いのちとなってくださっている」のです。そして阿弥陀の無量の寿(いのち)をいただくのですから、死んでも死ぬことのない、生死を超えた永遠のいのちをいただくことができるのです。「いつも私を見ていてくださる方があり、私を照らしてくださる方があるので、くじけずに今日を歩く」

at 16:04, 不死川 浄, -

comments(0), trackbacks(0), pookmark

comment









trackback
url:http://myokyoji.jugem.jp/trackback/833