smtwtfs
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
profile
new entries
archives
recent comment
recent trackback
links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.
<< 「見える世界」「見えない世界」 | main | 如来の願船 >>

見えない世界

  『星の王子さま』に、「大切なものは眼に見えない、心で見ないとね」という言葉があります。本当に大切なものは眼に見えません。人間の心、空気や酸素、幹を支えている根、生老病死している命、仏さまの願いや働き、親の願い、私の愚かさ恥ずかしさ、風や温かさや寒さ・・・・。私たちは眼に見えない無量のいのちに支えられ生かされているのです。これがいのちの事実であり真実です。しかし私たちは、いつもいのちの真実に背いて生きているのです。おかげさま、感謝、有り難い(有ること難し)ということに気づかないのです。聴聞(仏法を聞く)とは、見えない世界が見えてくることであり、身に感じてくることです。気づかなかったこと知らなかったことを、気づかされ知らされてくることです。信心とは、いま生きている有限の私が、眼に見えない無限なる永遠のいのちの中に生かされていることに気づくことです。

at 01:28, 不死川 浄, -

comments(1), trackbacks(0), pookmark

comment
奈緒子, 2010/04/26 3:33 AM

本当にそうですね‥
目に見えない、目に見えるものにしか反応出来ない心というとのは、本当に寂しいものですね。
後になって有難さに気付いた時には、自分の愚かさ、恥ずかしさしか残りませんね‥
いつも自分自身のまわりにある小さな出来事や関わり有る愛情に、
ささやかでも感謝、ささやかな幸せを感じ、にっこりと‥
そして切ない気持ちも感じ、喜怒哀楽を持って人生を楽しまないと‥
せっかく心、感情有る人間として命あるのに勿体ないですよねp(^^)q
今日も素敵なお話、ありがとうございます。










trackback
url:http://myokyoji.jugem.jp/trackback/310