smtwtfs
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
profile
new entries
archives
recent comment
recent trackback
links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.
<< すでに救いあり | main | 仏さまが出る >>

私の念仏・仏の念仏

 仏法を聞いていない人の念仏、仏法がまだ届いていない人の念仏、自力の念仏は、念仏を称える主体は私であり、私の念仏です。しかし親鸞聖人が伝えてくださった他力の念仏は、念仏を称える主体は阿弥陀如来です。阿弥陀さまが私たちを救うには念仏になるしかないと見抜かれて、南無阿弥陀仏となり、私の口から出てくださっているのです。もちろん私が称えているのですが、阿弥陀さまが称えさせてくださっているのです。だから念仏一つで救われるのです。私の念仏をいくら心を込めて一生懸命称えても、そこには喜びも安心もありません。。他力の念仏は、念仏を称えるときはいつも阿弥陀さまが一緒です。つらい時、苦しい時、悲しい時、どんな時もいつも阿弥陀さまが一緒にいらっしゃるのです。私たちが苦しい時ほど、私たちの口から出てくださるのです。本当に苦しくてどうにもならない時、例えば特攻兵士が出撃のとき「お母さん」と叫んだ人が多いと聞きましたが、「お母さん」がいつも一緒だよと口から出てくださったのです。お母さんの温もりが伝わっているからお母さんが口から出てくださったように、阿弥陀さまの摂取不捨のお慈悲が温もりが伝わっていれば、おのずと口から出て喜びと安らぎを与えてくださるのです。「み仏のみ名をおのずと呼ばしめて、安けき心にじませたまふ」藤原正遠師

at 00:32, 不死川 浄, -

comments(0), -, pookmark

comment